FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーニングコール4話

Kさんのお友達のMさん、とても おもしろい。

  薬局にコンドームを買いに・・・
  一箱1000円、三箱でも1000円
  金持ちな彼女
  随分、迷い・・・
  三箱の方をご購入

  しかし、死ぬまでに 使いきれるかと心配に・・・

  いい年をして、息子にそれをプレゼントすることもできず
  どうしたものかと・・・

  だんなだけでは、使い切れそうもないので
  他のおとこをさがすかと・・・



  私は女なので、コンドームをつけた事はないが
  少しでも、高価なほうが よさそうな気もしないではないが・・・
  今度、殿方にきいてみよう!



~モーニングコール 4話~

 ○小さな古本屋
 じょうりばき、紺のスラックスに白いカッターシャツ
 グラビア本を真剣な表情で見ている 町田
 町田をけげんそうに見る 古本屋のおやじ
 棚にモーニングコールのタイトルの本を見つける 町田
 表紙をひらくとエッチな写真が並んでいる
 目を見開く 町田

 ○道
 本を抱えて歩く 町田

 ○コンビ二
 18禁の雑誌を物色している 町田
 レジの奥から 町田を見ている 章子とナツミ
 
・町田「今日はいいか、これあるし」
 弁当を手に レジに並ぶ
・章子「温めますか?」
・町田「はい、お願いします」
・章子「・・・」

・コンビ二を出る 町田
 目の前を赤いオープンカーがゆっくりカーブを廻る
 オープンカーの助手席に乗っている 結貴
 運転する 宇治金

・町田「あっ!!」

 嬉しそうに笑う 結貴
 オープンカー ゆっくり走り去る
 その後ろを見ている 町田

・町田「あいつ 誰だったっけ?」
 
 運転する 宇治金
 笑顔の 結貴



 ○部屋
 モーニングコールの古本
 窓から朝日がさしこむ
 目覚まし時計 6時29分を指している
 
 ベッドの上に正座して 携帯をみつめている
・町田「5・4・3・2・1」
 携帯が鳴る
・町田「1・2・3・4・5(眠そうに)あーもしもしぃー」
・優華(声)「公平さん、おはよう」
・携帯を握り締める 町田
・優華(声)「もしもし、公平さん 起きた?」
・町田「あ、あぁ~、起きてるよぉ」
・優華(声)「じゃぁ、また あ・し・た・ねっ」
・町田「あっ、あのぉ~」
・優華(声)「はい、何でしょうか?」
・町田「あっ、あのぉ~申し訳ないんですが ”じゃぁ、また あしたね”
 じゃなくて・・・」
・優華(声)「はい?」
・町田「”今夜、8時にいつもの処で”っていう感じでお願いしたいんです
 けど・・・」
・優華(声)「はい、かしこまりました。明日から”今夜8時にいつもの処で”
 という感じにさせていただきます」
・町田「はい、ありがとうございます。すみません。もう一つだけお願いが
 あるのですが あっ、あのぉ~無理ならいいんです」
・優華(声)「どのような事でしょうか?わたくし共はなるだけお客様のニーズに
 お答えしたく存じますが」
・町田「あっ、はい、あのぉ~あなたの名前を 呼んでみたいのですが、あっ、
 すみません。だめなら いいんですけど・・・」
・優華(声)「ウフゥ 優華と呼んでください」
・町田 「優華さん・・・」
 

                              つづく



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://kakikukeko1025.blog.fc2.com/tb.php/5-26688f8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モーニングコール5話 «  | BLOG TOP |  » モーニングコール3話

プロフィール

かきくけこ

Author:かきくけこ
どう見ても30代にしか見えないシナリオライターです。




最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
シナリオ (31)
詩 (0)
脚本 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

URL: http://kakikukeko1025. blog.fc2.com/ 
Author:かきくけこ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。