2018-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手弱女の華6話

  知人のSさん
 とってもチャーミング
 
 ある日、同居人 Yさんの為に 初めて大根の煮物を作ろうと・・・
 レシピ本を開いて ふむふむ。

 初めての大根の煮物、面取りも完璧。

 帰宅したYさん「イイ匂い」

 Sさん「ん~でもね・・なかなか大根が煮えないのよ」

 Yさん 鍋のふたを開けて ビックリ!!
 「なに?この巨大な大根!!」

 Sさん「本を見て作ったのよ、ほら 10㎝にカット・・・」

 Yさん「違うよねぇ~1㎝だよねぇ~」


 (笑)


世の中 いろんな方 いらっしゃいますよね。
何が普通かって・・
私、不思議ちゃん




このシナリオには暴力的+性的表現が含まれます。ご注意ください。



~手弱女の華 6話~


○公園

野菜ジュースをゴミ箱に放り込む 松本

野菜ジュースのパッケージ
そのにんじん


○カフェ えいこくや

オレンジジュースを飲む 寿

寿「やっぱり いいよねぇ~江口くん(27歳、画家)のクロッキー」

江口のクロッキー帳を見ている 寿
その クロッキー

寿の描いた クロッキー

江口(それを手に)「寿さんのもいいよ、この線 いいよねぇ」
寿「ほんとぉ?でもさぁ、最初の頃に比べたらさぁ だいぶ 描ける様になったよねぇ」
江口「ぜんぜん 凄いよ」
寿「江口くんの影響だよねぇ~」


テーブルの横に立つ男に気がつき その男を見上げる 寿
その男(金田まこと、21歳 大道具)

寿とまこと しばらく 見つめ合う

まこと「寿ちゃん?」
寿「まこちゃん?」


まこと「寿ちゃん!寿ちゃんじゃん」
寿(立ち上がり)「まこちゃん!久しぶりぃ、何してんの?イヤダァ~どーしちゃったの?」
まこと「ビックリした!あーすいません。邪魔しちゃって」
江口「いや、別に・・」
まこと「彼氏さん?」
寿「違う、違う、こちら 絵描きさん、まだ 売れてないけど 期待 大みたいな」
まこと「へぇ~すごいね、寿ちゃん 連絡先 教えてよ 後から連絡する」
寿「いいよ」


コーヒーを飲む 江口

寿「ごめんね、高校の時 バイトしてたアイスクリーム屋さんのオーナーの息子
  すごい久しぶり(指で数えながら)7年振り位?かなぁ
  こんな処で会っちゃうなんて、ビックリ!」
江口「寿さん、嬉しそうだね」
寿「嬉しいよぉ~、すっごい うれしい」

微笑む 江口
コーヒーを飲む



○カフェ 花門

コーヒーを飲む まこと
テーブルにキャンドルの灯
紅茶を飲む 寿

寿「こんな時間に こんな素敵なカフェ開いてるなんて・・・」
まこと「よかった?こんな時間に」
寿「一人だから、ぜんぜん大丈夫」
まこと「一人暮らし?」
寿「そうだよ、まこちゃんは?」
まこと「親んとこ、それよりさぁーまこちゃんはないよ、俺もう21だよ」
寿(笑)「そうだね、でも まこちゃんはまこちゃんだよぉ」
まこと「そう呼ぶの、寿ちゃんだけだよ」

嬉しそうに微笑む 寿

寿「もう12時まわった?今日、あたし 誕生日なんだ 一人じゃなくってよかった」

まこと「そうなんだ・・(大きな声で)ハッピーバースデイ 乾杯!」
寿「恥ずかしいよぉ」

ハッピーバースデイを歌いだす まこと

寿(笑)「やめてよぉ~」

まこと「ハッピバァスデェイ ひさちゃぁん」

笑っている 寿

まこと「はい、ローソク 消して」

テーブルのローソクを吹き消す 寿
周りのお客さん 拍手する
暗闇の中 嬉しそうに 笑う 寿


暗闇


寿(声)「いいよ、それなら うちに 来ても」
まこと(声)「ほんと?俺 行くとこなくてさ」


寿(声)「あたし、高校の時 まこちゃんのこと 好きだったのよ」
まこと(声)「俺も・・・憧れの御姉様だったよ」
寿(声)「ウソォ~」
まこと(声)「ほんとだよ・・」




○警察署

窓から見える 夜空
見てる 北野

松本「コーヒーっす」
北野「ありがとう、珍しいなぁ」
松本「そんなことないっすよねぇ」
北野「そうだっけ」
松本「・・ったく・・それから、金田まことがしばらく一条寿のマンションに
   入り浸ってます。金田まことが元カノと寄り戻したのを知って出て行ったみたいっ
   すね」
北野「なに?元カノって」
松本「一条寿と付き合う前に付き合ってた彼女さんですよ」
北野「ふぅ~ん、元カノって言うの?」
松本「はい・・・」


コーヒーをすする 北野と松本



                          つづく
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://kakikukeko1025.blog.fc2.com/tb.php/37-5cffd4a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【かきくけこ脚本読庵】

  知人のSさん とってもチャーミング  ある日、同居人 Yさんの為に 初めて大根の煮物を作ろうと・・・ レシピ本を開いて ふむふむ。 初めての大根の煮物、面取りも完璧。 ...

手弱女の華7話 «  | BLOG TOP |  » 手弱女の華5話

プロフィール

かきくけこ

Author:かきくけこ
どう見ても30代にしか見えないシナリオライターです。




最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
シナリオ (31)
詩 (0)
脚本 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

URL: http://kakikukeko1025. blog.fc2.com/ 
Author:かきくけこ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。