FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーニングコール12話

この年になって やっとでしょう・・・多分・・・
見返りというものを求めなくなりました
それは、素晴らしいことだと思います

究極の愛とは そういうものでしょう
愛されなくてもいい 
ただ 愛している
逢えなくてもいい
自然体でいる
何もいらない
求めない
求められたら それに答えるだけ
ただ それだけ
そこに幸せを感じられる


 
このシナリオには、性的表現が含まれます。ご注意ください。




~モーニングコール 12話~


○電車内

朝のラッシュ
いつもの車両に乗っている 町田
町田の前に 以前のOLが心地よさそうに寄り添っている
OLの髪の匂いを嗅いでいる 町田
その視線の向こうに 結貴を見つけハッとする 町田
結貴がうつろな眼差しで 町田をじっと見つめている
結貴を見つめる 町田 再びハッとする
結貴のうつろな目 町田を見ている
結貴の前に立っている 宇治金
どうしようもない表情の 町田
町田を見て ニヤリとする 宇治金
瞳を閉じて宇治金にしなだれかかる 結貴
額に汗をかく 町田 OLの体を抱きしめてしまう

・OL「あっん」
・町田「す、す、すみません」

色っぽく町田を見つめる OL
目をそらす 町田



○会社
デスクに向う 社員たち
パソコンを打つ 結貴
チラっと結貴を見る 町田

パソコンの画面に今朝の結貴の顔が現れる

・町田「わあ!」大きく

みんなが町田を見る

・豊子「どーしたの?町田さん 汗びっしょり」
・町田「いえ、なんでもありません」

普通のパソコンの画面
大きく深呼吸をする 町田 チラッと結貴を見る
結貴と目が合うが すぐにパソコンへ目をそらす 結貴
結貴を見ている 町田


・係長の八重頭(声)「町田君」
・町田「!はい」

びっくりして ガタン!と立ち上がる 町田



○歩道

カバンを手に歩く 町田


・係長の八重頭(声)「近頃ではソートバークの専務も君がお気に入りでねぇ~
           こんなにきれる人材、ウチでも欲しいよって」


○会社

大きく笑う 八重頭

・町田「ありがとうございます」
・八江頭「これ、届けてね。ゆっくりでいいよ お昼も一緒に食べておいで」


○大きなビル

見上げる 町田





○部屋 夜

ベッドの中で絡み合う 町田と章子
汗を流す 町田の表情
電車の中の結貴の顔
激しく攻める 町田
大きく悶える 章子

突然鳴り出すベッドサイドの携帯電話 
きちんと掛けられた スーツ

携帯に手を伸ばす 町田
携帯の画面 (優華)

・町田「ちょっと ごめん」
・章子「もう~出ないでぇ、途中じゃない!」
・町田「ごめん、もしもし?」

    間

・章子「誰?」
・町田「シィ!!もしもし」


布団にもぐり 町田を愛撫する 章子


・優華(声)「誰かいるの?」
・町田「いや、誰もいないよ どーしたの?こんな時間に」
・優華(唇)「会えない・・・今から」
・町田「エッ!!痛!!」



                         つづく
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://kakikukeko1025.blog.fc2.com/tb.php/15-e3c38852
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モーニングコール13話 «  | BLOG TOP |  » モーニングコール11話

プロフィール

かきくけこ

Author:かきくけこ
どう見ても30代にしか見えないシナリオライターです。




最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
シナリオ (31)
詩 (0)
脚本 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

URL: http://kakikukeko1025. blog.fc2.com/ 
Author:かきくけこ

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。